ベニシアさんに憧れて、ホップを植えてはみたけれど・・・。

スポンサーリンク

京都・大原で手作りの暮らしを楽しんでいるベニシアさん。

彼女の素敵な暮らしを紹介するTV番組「猫のしっぽカエルの手」を見ると、はぁ〜・・・と、憧れのため息、ため息(笑)

ベニシアさんのようなライフスタイルは、実際は大変なこともたくさんあると思います。ちょっとやそっとじゃ真似できないですよね。だからこそ、よけいに憧れてしまうのかもしれません。ベニシアさんの暮らしをそのまま真似することはできませんが、紹介されるなかで「これはちょっと真似できそうだな」と思うことは真似っこしています。

花あしらい、クリスマスのリースやハーブを使ったお料理など。実際にやってみて、うまくできたもの、うまくできなかったもの、多々ありましたけど、ちょっと微妙だったなぁ・・・というのが唯一「ホップ」でした。

そう、ビールの原料となるあのホップです。

2年くらい前に見た「猫のしっぽカエルの手」で、ベニシアさん家ではホップをグリーンカーテンにしているのを紹介してました。ぐんぐんと伸びた緑の蔦、風に揺れるマツカサのようなホップのお花・・・。なんて涼やかなんだろう。素敵、素敵!一目見て「これしかない」と思いました。

思い立ったらなんとかな性格なので、翌日、園芸センターを数カ所まわりなんとかホップの苗を見つけました!


DSCF0577_tweet
やっと見つけたはじめてのホップの苗!(2年前の写真です)

もう頭の中は風に揺れるホップのお花でいっぱい(笑)

DSCF0576_tweet
ホップの苗を育てることで、一番の気がかりはここの気候。

わたしが暮らす名古屋の夏は高温多湿です。苗のタグには「高温多湿に強いホップ」と書いてあるので、まぁ、それを信じることにしましょう。

DSCF0578_tweet
ホップの葉って、ちょっとぶどうの葉に似ていますね。

ぶどうの葉が大好きなので、そこがまた気に入りました。

でも、産毛だらけなので、葉も茎もちくちくします。

DSCF0580_tweet
地植えにするスペースが今のところないので、とりあえず鉢に植えました。

IMG_1698_tweet
そして2年後のホップ。

ホップは宿根草なので、毎年こうして芽を出します。

名古屋の高温多湿にも順応してくれていると思うのですが、ホップお花の姿は一度・・、いえ一粒も見たことがありません。

やはり冷涼な場所じゃないとダメ?
地植えがいい?

IMG_1701_tweet
これは今年7月現在のホップさん達。

よくよく調べてみると、苗には雄株と雌株があるとか・・・。
ホップの花は雌花につくそう。

そらそうだ。

だとすると、我が家のホップちゃんは2つとも男子???

なんか、いやな記憶が蘇る・・・。これって、子供の頃かぶと虫の幼虫を一生懸命育てたけど雌だったパターンと同じー?!


ベニシアさんの暮らしに憧れての「ホップ栽培」でしたが、そんなわけで、なんとも微妙な感じになってしまいました(笑) なぜお花がさかない?ぐんぐん蔦が育たないんだろう???
「?」は増えるばかりで、当初のイメージとちょっと違いますが、毎年健気に芽を出してくれるなホップさん達を見ていると、これからも大切に育てていきたいと思います。

先ずは、スペースを作って鉢植えじゃなくて地植えにしてみましょう。

あ、そうそう。ホップの苗ですが、私が苗を購入した翌年からどこの園芸センターにも苗を置かなくなってしまいました。

これって、何を意味しているのでしょうか???

一抹の不安を抱きつつ、これからもホップを育てていきますよぉ。

コメント