文豪たちが愛した古都鎌倉をぶらり

スポンサーリンク

子供の頃、横浜に暮らしていたので、鎌倉はとても馴染み深く大好きなところです。

鎌倉って、いつ行っても人が多いんだけど、一歩路地裏に入ると緑が多くて本当に静かなんですよね。中華街や元町とは違う・・・この落ち着いた雰囲気がいいなぁって、子供の頃から思っていました。そんな素敵な町だからこそ、多くの文豪が鎌倉に暮らしています。川端康成、大佛次郎、澁澤龍彦、夏目漱石、芥川龍之介、中原中也・・・まだまだ・・・。「鎌倉文士」という総称が生まれたほどです。名前をあげたら切りがありません(笑)

今回の鎌倉は、文豪ゆかりの場所をぶらりとすることにしました。


IMG_1777_tweet
先ずは日本にマルキ・ド・サドを初めて紹介したフランス文学者、澁澤龍彦。

彼が眠る浄智寺を訪ねます。

DSCF9811_tweet
浄智寺は北鎌倉駅から徒歩10分。趣がありますね。澁澤龍彦が暮らした家もこのお寺のすぐ近くなんですよ。

DSCF9807_tweet
自然豊かな北鎌倉。

澁澤龍彦は生前からこの寺が好きだったそう。

DSCF9814_tweet
受付の方に「渋澤龍彦のお墓は・・」と尋ねると慣れた感じで親切に地図を書いてくれました。

DSCF9837_tweet
境内はとても緑が多くちょっとした森林浴ができます。

方向音痴のわたし・・・。

無事にお墓に辿りつけるか心配・・・。

DSCF9831_tweet
立派な竹林。

風に笹の葉が涼しげに揺れています。

DSCF9843_tweet
木像三世仏座像が安置されている本堂の曇華殿(どんげでん)静かな佇まい、風情がありますね。

DSCF9816_tweet
本堂の裏をさらに歩いていきます。あまりの静けさに、どこかタイムスリップしたような気分に・・・。

好きだなぁ、この感じ。

DSCF9842_tweet
境内の片隅で控えめに咲く芙蓉の花。

中心にぽっと染まる紅が愛らしいです。

DSCF9833_tweet
手押し井戸ポンプみっけ!

ポンプ大好きなんですよねぇ〜。

自分の庭にもあったらいいなぁって、憧れます(笑)

DSCF9834_tweet
この重厚感、カッコイイ!

DSCF9828_tweet
境内をのんびり散策しつつ、お目当ての澁澤龍彦のお墓に辿りつけました。受付の方の地図が分かりやすかったので、迷わず来れた〜(笑)

DSCF9826_tweet
澁澤龍彦の墓前。

彼が好きだったウィスキー、鉱石、ドラゴンの置物が供えてありました。ファンの方が置いていったのでしょうか。

こじんまりとした墓石が彼らしいなと思います。学生の頃から渋澤龍彦が好きだったので、墓前でじーんときました。

IMG_1778_tweet
さてさて、お次はノーベル文学賞を受賞した川端康成が足しげく通ったという小町通りにある「イワタコーヒー」へ。

DSCF9844_tweet
昭和23年に創業した「イワタコーヒー店」レトロな雰囲気がたまらなくいい!

開店早々の時間でしたが、すでに長蛇の列!1時間半待ちました。待っている間、川端康成がこの店に・・・と思うと感慨深い気持に。1時間半、いろいろ妄想してたらあっという間に席に呼ばれました(笑)

DSCF9857_tweet
わたし的には「イワタコーヒー」といえば川端康成、大佛次郎が通った店なんですけど、一般的には?「イワタコーヒー店」はこの分厚いホットケーキが有名です。

ジョンレノンもヨーコと仲良く食べたそうですよ。

DSCF9859_tweet
この分厚さで中までふっくら、そしてしっとりの生地!

もう、神業じゃないですか!

カロリーなんて言葉は封印しときましょう。たっぷりのバターとシロップで頂きます♪

ふ、ふわっふわっ♪♪

きゃあ〜!お、おいしい〜!!
待った甲斐がありました〜(笑)

DSCF9849_tweet
お腹も心も大満足したところで、帰りに鎌倉土産の定番、鳩サブレーを買いに豊島屋へ。店のロゴがシンプルで美しいですね。豊島屋本店にはココでしか買えないハトグッズがあるので、要チェックですよ!

(言わずもがな?わたしは以前訪れた時に買いまくりました!)


あっという間の鎌倉の旅でしたが、念願の浄智寺とイワタコーヒー店を訪れることができて、とても楽しかったです。

鎌倉はまだまだ行きたいところがたくさんあるので、時間を見つけてまた出かけたいですね。

コメント