草間彌生展とロバート・キャンベル氏の講演会をぶらりハシゴしてきました

スポンサーリンク

お庭いじりの合間に、芸術の秋にふさわしい?休日を過ごしましたよ!

午前中は、名古屋松坂屋美術館で開催中の草間彌生展「永遠の永遠の永遠」へ。午後からはロバート・キャンベル氏の講演会へ行ってきました!


IMG_1957_tweet
今回の草間彌生展のチケットです。

草間彌生自身が最大の作品といった感じですね。

IMG_1938_tweet
松坂屋美術館のポスター。

彌生先生の熱い視線を感じましょう。

IMG_1939_tweet
ロビーに置かれた巨大な水玉オブジェ。

草間彌生氏の化身か?どこか似ている。

IMG_1933_tweet
こちらも同じくロビーに置かれたオブジェ。

ひょうきんな形が愛らしい。

IMG_1932_tweet
映像コーナーに置かれていた椅子。

色とりどりでどれに座ろうか迷います(笑)
ポップなきのこ畑みたいですね。

IMG_1923_tweet
展示ブースにて。

作品名「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」
水玉の洪水ですね!

IMG_1924_tweet
ここは撮影可だったので、若いコが一生懸命写真を撮っていました。

IMG_1925_tweet
チューリップに込められた愛が水玉になって拡散しています。

IMG_1927_tweet
草間彌生といえば、コレ!かぼちゃ。

どーんと大迫力で圧倒的な存在感ですね。

IMG_1930_tweet
もうすぐハロウィンですが、この草間彌生作品は世界一有名なかぼちゃかもしれませんね。

IMG_1941_tweet
デパート内に展示されている作品。

遠目からは分かりませんが、巨大なバルーンだそうです。

IMG_1951_tweet
赤いコの名前は「リンリンちゃん」

IMG_1949_tweet
青いコが「トコトンちゃん」です。

このコ達がポーチやポシェットになったらかわいいですね。

草間彌生展は、かなりの作品数が展示されていたので、彌生ファンにはたまらない作品展だと思います。ミュージアムショップもグッズが充実していましたし、デパート地下では草間彌生展にちなんで、水玉模様のスィーツやお寿司まで販売されているので、こちらも楽しめますね!

草間彌生展「永遠の永遠の永遠」は名古屋松坂屋美術館で開催期間:2014年9月13(土)から10月13日(月)


IMG_1958_tweet
草間彌生展をあとに、午後からはロバート・キャンベル氏の講演会へ。名古屋国際センター設立30周年記念講演会ということで、行ってきました。
キャンベル氏の講演は一度聴講してみたかったので、抽選に当たった時は思わずガッツポーズ(笑)定員700名のところ、はがきの応募数は1500枚以上だったそうです。
キャンベル氏の人気が伺えますね!

講演のテーマは「違いを持つ人々との素敵な日々に向けて」

日本での暮らしの中で感じた異文化、日本人との関わり方をエピソードを交えながら、ユーモラスに教養豊かお話をしてくれました。後日、この講演の内容は名古屋国際センターのHPでも紹介されるそうなので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

それにしても、キャンベル氏は流暢を超越した、とても美しい日本語を話していました。江戸の文化や漢詩、和歌も分かりやすく説明してくださって・・・、古語の時間は苦手でしたが(笑)

キャンベル氏のお話を聞いたら、ちょっと勉強したくなりました!


今回は草間彌生展とロバート・キャンベル氏の講演会をハシゴして(笑)芸術の秋にぴったりな休日を過ごすことができました。

わたしにとっては、とても贅沢な休日になりましたよ!

コメント