DIY!ナラ材の板でナチュラルなタオル棚を作りました

スポンサーリンク

今年の春に洗濯機を買い替えました。
今まで使っていた洗濯機より音は静かでたくさんのものを洗えて、大変助かっているのですが一つだけ問題が・・・・。今まで使っていた洗濯機よりもサイズが若干大きいので、これまで横においてあったタオル置きがわずか5ミリの差で置けなくなってしまったのです。

そんなわけで、タオル置きは他の部屋に置く・・・、というなんとも使い勝手の悪い事態になっていたのです。毎日のことですからね、これでは不便です。かといって、なかなかいい案も浮かばずそのまま放置。

ところが、先日別件で倉庫を物色していたら、むかーしむかしに買ったナラ材の板が出てきました!そこでひらめいたのはタオル棚。

今回はこれを使ってタオル棚を作ることにしました。(もちろん作業は相方さん)
アングルも可愛いのが倉庫にあったのでそれを使うことに。やっとおりてきたアイデア?(笑)

さて、どんなタオル棚ができるでしょうか・・・。


towel_shelves01-tweet
ちょうど洗濯機の上に空間があるのでそこにタオル棚を作ることにしました。
洗濯機の横に置くとただでさえ狭い脱衣所がよけい狭く感じてしまいます。

towel_shelves03-tweet
倉庫から出てきたかなり昔に東急ハンズで買ったナラ材。

価格シールも貼ったままで当時の価格で1,500円

多分10年以上前に買ったと思う。

towel_shelves04-tweet
洗濯機の上にこんな感じで作れたらいいな、と木をあててみました。

towel_shelves05-tweet
少し長かったので丸鋸でバッサリ切って

towel_shelves07-tweet
天然オイルを塗ります。

いつも家で使うのは自然塗料のオスモカラー。
安心安全で伸びもよく簡単に塗れてオススメです。

それなりのお値段がするけれどもやはり自然塗料の方が安心ですよね。

色はウォルナットです。

towel_shelves08-tweet
塗っていない状態のナラ材

towel_shelves09-tweet
2度塗りした後

towel_shelves11-tweet
日差しが強い時なら外に1日出しておけば乾燥します。

猫達が爪をとがないことを祈るばかりです。

towel_shelves12-tweet
端切れを使ってアングルの位置を合わせます。

けっこう大雑把に。
アングルも倉庫に眠っていたものを引っ張り出してきました。

towel_shelves13-tweet
板が少し変形しているのでアングルを手前と奥で上下逆さまにして調節。

towel_shelves14-tweet
レベル(水平)も測ってバッチリ。

towel_shelves15-tweet
アングルと板を木ねじで留めるために下穴を空けます。

木ねじを使う前の下穴は板割れ防止にもなるのでとても重要です。

towel_shelves16-tweet
完成!

これでスッキリ、沢山のタオルを置いておけます。

ナチュラル素材のタオル棚、圧迫感もなくスッキリ!
とてもいい感じに出来ました!

肌に触れるタオルを置く棚なので、天然素材で作ったものは安心です。
やはり手作りならではの良さですね。

これから年月を重ねるとさらに風合いが出そうです。


【タオル棚完成までの所要時間と材料費】

所要時間は板を切って色を塗るまでが2時間。
一日置いて取り付けに30分位で実労時間は大体2時間半ぐらいでした。今回は元々倉庫にあるものばかりだったのでお金はかからなかったけれど、だいたい3千円でお釣りが来るくらいかな?

買ったまま忘れていたナラ材だけれど、立派なタオル棚に変身しました。もう、タオルを取りにわざわざ隣の部屋までいかなくてもすみますしね(笑)

それと、たまには倉庫を物色するのもいいかもしれません。DIYで重宝しそうなお宝が、まだまだ眠っているかも・・・?!

コメント