パンジー、ビオラで作る秋の寄せ植えとハンギング

スポンサーリンク

秋が日に日に深まりますねぇ。
お庭の水やりもそんなに気にしなくていいし(笑)ガーデニングの季節の到来です!お庭のお花も秋植えのお花に変えなくてはいけませんね。今年はバタバタしてて、なかなかお庭いじりができず・・・。

例年よりちょっと遅めでなんですが・・・、休みにどっさりお花を買ってきました!お花さえ買っておけば、いつでも寄せ植えができますからね〜。足らなくなるのもイヤなので、予定より少し多めに買っておくのですが・・・、なぜでしょう? いつも後から買い足しに走ります(笑)

今回は予定通りうまくいくかしら?


IMG_2143_2_tweet
パンジー、ビオラ、デイジー、アリッサム、シロタエギク、スノーボール、ストック、モス、エレモフィラを購入。

1P68円〜398円。

IMG_2142_2_tweet
寄せ植えとハンギングを作るので、どちらにも使える「かる〜い培養土」を買ってみました。
2.5リットルで578円だったかな?

片手で持てるくらい本当に軽いです(笑)

IMG_2144_2_tweet
デイジー、大好きなんですよねぇ。

IMG_2145_tweet
ビオラは紫をメインカラーに選んでみました。

IMG_2146_2_tweet
ストックは秋から冬まで花期が長いので、ビオラやパンジーと一緒に必ず買います。

IMG_2148_2_tweet
この夏に枯らしてしまったモスちゃん。。。

どうしてもまた育てたくて、再購入。

IMG_2151_2_tweet
昨年は水色と白のビオラでハンギングを作りましたが、今年はこの2コンビで作ることにします。

IMG_2149_2_tweet
ハンギングのマルチングに使う水苔を用意。

IMG_2150_2_tweet
お水に浸けて柔らかくしておくと、扱いやすいですよ。

IMG_2152_2_tweet
さぁ、ハンギングを作っていきましょう。

IMG_2153_2_tweet
2色のビオラを互い違いに入れていきます。

IMG_2155_2_tweet
一段並べたら、土をかけていきます。

ビオラはアブラムシがよくつくので、途中でオルトランも土にまぜていきます。

IMG_2157_2_tweet
ビオラを全て入れたら、ポットを2,3回トントンと軽く落として、中の土を均等にします。

隙間ができたら、また土を入れていきましょうね。

IMG_2158_2_tweet
隅っこは、こうして棒でつんつんやるといいですよ。

IMG_2159_2_tweet
土を隙間なく入れたら、乾燥防止に水で柔らかくしておいた水苔でマルチングしていきます。

IMG_2160_2_tweet
水苔も隅っこは、棒でつんつんしましょう。

IMG_2238_tweet
できあがりです!

まだお花が馴染んでいませんが・・・(笑)
そのうちビオラが満開になれば、ハンギングらしく見応えも出てきます。実はコレ、後から3P買い足しました。結局、このハンギングだけで21Pのビオラ!

ハンギングってかなりお花を使いますよねぇ。

IMG_2162_2_tweet
寄せ植えはこんな感じで作ってみました。

IMG_2163_tweet
シャビーな缶には、ピンク系のパンジーを。

公園で拾った棒で作ったピックをさしてみました。

IMG_2237_tweet
あと、半月型のハンギングにもピンク系のパンジーとアリッサム。
クリスマスのガーデンピックを飾って。

IMG_2236_tweet
翌日・・・見てください!
オルトランと一緒にナメクジ避けも撒いたのに、さっそくナメクジに花を食べられています(泣)
ビオラやパンジー、ナメクジがよくつくんですよねぇ。

ナメクジチェックが欠かせません。


夏のお花は片付けたものの、夏の終わり頃から忙しくて、その後なーんにもお庭のお手入れができない状態でした。。。
ずっと気になっていた秋の寄せ植えやハンギング。連休を使ってやっとできたので、うれしくてしかたがありません。やっぱり季節のお花でお庭を彩ると、気持が和みますねぇ。

寒い朝はお布団から出たくないのに、お花のことを考えると、ぱっと目が覚めて庭に出たくなるんです。

不思議だな(笑)

こんどはお庭にもパンジーを地植えしたいなと思っているので、暫くは休みのたびにホームセンターへ通うだろうなぁ〜(笑)
でも、やっと自分の時間ができたって感じで、ほんとうにうれしいです。

コメント