ミニサイズのコンポストを購入。生ごみで発酵堆肥づくり!

スポンサーリンク

最近、長年飲んでいたスムージーから、にんじんとりんごで作る酵素ジュースを飲むようになりました。毎朝、人参2本、りんご1個を ジューサーにかけるわけなのですが、当然、毎回その絞りカスが出ます。カスといってもこのまま捨ててしまうのがもったいないくらい水々しいものなんですよね。それで、焼き菓子、トマトソースやカレーに入れたりして再利用?していたのですが、 毎日のことなのでとても追いつきません(笑)
で、前々からずっとやりたいなと思っていた堆肥作りをすることにしました!

我が家は野菜や果物の消費量が半端無く多いので、この野菜・果物くずをなんとか有効利用したいなぁと、ずっとずっと思っていたんですよね。
堆肥作り。ずっと思っていて、なかなかできなかった理由もちゃんとありまして・・・。
先ずホームセンターに売っているタンクみたいなコンポストは大きすぎる!
ならば、お庭の邪魔にならないデザインと大きさのものを作りたいと計画していたのですが、
ニオイの問題もあるし・・・、やっぱり置く場所を考えると難しくて、どうしようどうしようとここまできちゃったわけなんです(笑)
そんな中、旦那さまがホームセンターで我が家にぴったりのコンポストを見つけてくれました。
おぉ〜、やっと堆肥作りの始まりです!


IMG_2082_tweet
義妹からもらった我が家のジューサー。
もらって暫くは押入れの中でしたが、今では大活躍!

IMG_2084_tweet
毎朝、新鮮なにんじん(2本)とりんご(1個)で
ジュースを作ります。

IMG_2419_tweet
にんじん2本、りんご1個でもジュースにするとこれだけ。でもとっても甘くて美味しいのです♪
ここに少々の塩を朝ごはんとして飲んでいます。

IMG_2418_tweet
これがジュースの絞りカス。
このまま捨ててしまうのは、ほんとうにもったいない。

生ごみ堆肥化容器 エコペール
旦那さまがホームセンター「カーマ」で購入した
生ごみ堆肥化容器「エコペール」(780円)
堆肥化を促進させる「生ごみアップZ」1キロ(864円)大きさは直径約25センチ、高さ約33センチ(蓋部分含む)とてもコンパクト!
これならお庭の片隅はもちろん、マンションのベランダにも置けますよね。

酵素ジュースカス
この中にジュースの絞りカスと麦茶の茶殻を入れることに。ここでポイントですが、堆肥にする、いわゆる「生ごみ」は十分水切りをします。
水分が少ない方が分解が速く悪臭が少なくなります。また新鮮なうちに処理をすることで虫の発生も抑えるそうです。

ビニール袋 キリ
まずはビニール袋にキリで適当に穴を開けます。

ビニール袋 穴あけ
この開けた穴から液肥が染み出てくるそうです。

キッチンペーパー
穴を開けたビニール袋をエコペールに入れたら、その中にキッチンペーパーを敷きます。

生ごみ堆肥 生ごみ
そしてジュースの絞りカスと茶殻を投入!
我が家は野菜と果物等をメインに堆肥作りをしますが、お魚等を使う時はニオイがきつくなるので、お湯をかけてから入れると良いそう。

生ごみアップZ 堆肥化促進
大さじ一杯分くらいの堆肥化促進剤「生ごみアップZ」をふりかけます。促進剤は10日〜1週間で良質な堆肥を作ってくれて、ニオイも抑えてくれる。
天然素材100%で作られているので、うっかりペットが口にして大丈夫!

生ごみ 生ごみアップZ
表面にまんべんなく堆肥化促進剤をふりかけましょう。後は生ごみを入れて、ふりかけて、の繰り返しを容器いっぱいになるまで行います。
ただ発酵中にガスが発生することがあるので、時々ガス抜きが必要。

生ごみ堆肥化容器 エコペール
あとは下にある蛇口から液肥が出てくるのでこまめにチェック!液肥は短期間で変質するので、こまめに取ることと、生ごみに液肥がつかないようにすることも大切です。


「生ごみ」を投入して2,3日もするとぬか床のような「発酵臭」がしてきました。
まだ液肥になるほどではありませんが、この“自分で堆肥を作っている感”がなんともいいですね!おかげで生ごみの量も減りましたし、ジュースの絞りカスも罪悪感なくエコペールの中にぽいっとできます。今では、他に入れるものはないかと野菜くずとか探してしまうくらい(笑)

液肥は1000〜2000倍に薄めて花壇や畑へ。池や水槽には5000倍以上薄めて加えると水質浄化の作用があります。流し台やお風呂場、おトイレなどには500倍に薄めたものを流すとニオイが消え汚れが落ちていくそうですよ。
液肥って、お花の肥料だけかと思っていたら、いろんな用途があるんですね。作ってみて初めて知りました。おかげで、ますます堆肥作りが楽しみに♪それに、なんといっても「エコペール」はとてもコンパクトなので、置く場所を選ばないないところがいいですよね。

あと、2,3個買ってもっともっと有機堆肥作りをしていこうと思っています。
さらに、お野菜の消費量も増えそうだけど(笑)身体にも環境にも良いことなので、楽しみながら続けていきましょう。

コメント

  1. minig より:

    とても参考になる記事です。自分もやってみたいと思いました。一つ教えて下さい。液が出た後の生ゴミは、どうすれば良いのですか?

  2. kitano より:

    うちの場合、生ごみは畑の隅に埋めて、上に土をかぶせておきます。
    そうすると3ヶ月ぐらいで栄養たっぷりな土が出来上がります。お庭がないうちでは、コンポストに古い土をひいて、その上に生ごみ、さらに土をかぶせると良質な土が出来ると思います。