基本のレシピも紹介します「自家製ジェノバソース」

スポンサーリンク

もうすっかり夏の恒例行事となった?自家栽培のバジルでジェノバソース作り。バジルがちょうどいい感じに成長したので、まずは第一弾でジェノバソースを作ります。基本のレシピも紹介したので、ぜひ参考にしてみてくださいね〜♪


昨年とった種から育てたバジル
昨年とった種から育てたバジル。
今年は土づくりから変えたので、葉っぱの大きさや厚みが昨年とはまったく違います。

バジルソースに使うバジルの葉
ジェノバソースに使うバジル。朝一番で摘みました。
部屋中バジルのいい香りがします♪

ジェノバソースに使う材料
ジェノバソースに使う材料です。
ここには写っていませんが、塩とにんにくも使います。

ナッツ&オイル類を先にミキシング
バジルの葉は熱で変色するので、ミキサーの熱をなるべく避けるためにもオイルとナッツ類を先にミキシングします。バジルは一番最後に入れます。

瓶詰めのジェノバソース
とにかくミキサーにかけるだけで、簡単においしいジェノバソースができます♪冷蔵庫で2〜3週間は保存可能。

ジェノバソースを冷凍保存
ジェノバソースを冷凍保存する場合は、冷凍用パックを使用。
ソースを平べったくして冷凍すると、パキパキ折って使えるので便利。半年は保存可能。


【基本のジェノバソースの作り方】

*材料*
・バジルの葉50〜55g ・くるみ45〜50g ・にんにく5g
・パルメザンチーズ25g・塩3〜5g ・オリーブオイル130g
(ナッツは松の実やアーモンドでもOK,パルメザンチーズは市販の粉チーズでもOKです)

【作り方】
①バジルの葉は洗ったあと、よく水切りします。我が家はサラダ水きり器を使用。なければキッチンペーパーで水分をとってください。
②オリーブオイル、パルメザンチーズ、にんにく、くるみ、塩をすべてミキサーで攪拌(FPでもOK)好みのペースト状になったら、バジルの葉を入れてさらに攪拌。これもお好みで♪
★我が家はくるみを軽くローストしたものを使用しています
③熱湯消毒した瓶に入れ、ソースが空気に触れないよう(バジルの葉は変色するので)オリーブオイルをかけます。これで冷蔵庫で2〜3週間はもちます。冷凍保存だと半年は保存可能。
★おまけ★
ジェノバソースを作ったあとのミキサー活用法♪
ジェノバソースを作ったあとのミキサー活用法
ミキサーにはまだジェノバソースが残っているのでもったいない。
そこでペンネをゆででここへ投入!ミキサーもきれいになります。そして・・

おいしいジェノベーゼのできあがり♪
おいしいペンネのジェノベーゼのできあがり♪
あ〜、いい香り!自家製だと香りがぜんぜんちがいますね。


自家製ジェノバペースト、こうしてみると簡単でしょ♪
市販のものとは香りがぜんぜん違うので、一度作ると市販のジェノバソースが買えなくなると思います(笑)バジルの栽培も実はとっても簡単で、種をまくと発芽率が85%以上あるのでほぼ発芽してくれます。もちろん苗を購入して育ててもいいですよね♪バジルはプランターでも簡単に栽培できます。ぜひ種や苗からバジルを育てて、自家製のジェノバソースを作ってみてくださいね♪
我が家もこれからまだまだ作りますよ〜!

https://garden.uzutama.net/2015/0622/070029/
https://garden.uzutama.net/2015/0718/070002/

コメント