今年も作ります、簡単お洒落なクリスマスリース!

スポンサーリンク

もうすっかり毎年の恒例行事となりましたが、行事うずらの庭では、ハロウィングッズとバトンタッチするかのように、クリスマスの準備をはじめます。これがバタバタと忙しいのですが、それ以上にうれしくて楽しいんですよね。今回はクリスマス準備の第一弾として、簡単でお洒落なクリスマスリースを紹介しますね!


クリスマスリースのベースはヒバの葉
クリスマスリースに使うのはヒバの葉。ベースの大きさに合わせて用意してください。ユーカリやローズマリーでも作ったことがあります。なければ、100円ショップにある造花を使ってもOK。

リースの飾り付けに使うものはダイソーで購入
リースの飾り付けと葉を巻く用のワイヤーなどダイソーで購入。
このワイヤー、手芸屋さんで買うと高いんですよね。100円で買えるなんてうれしい!

リースのベースに葉を巻いていきます
リースのベースには、これもダイソーで購入したラタンリースを使用。なければ太めの針金を輪にして使えばいいですよ。どちも先に後でフックにかける紐をベースにつけておきましょう。できたら、リースの下部分にくる場所に大き目のヒバの葉を置きます。

リースにヒバの葉を重ねていきます
バランスを見ながら、ヒバの葉を重ねていきます。
重ねたらワイヤーで留めていきましょう。
あとで調整できるので、だいたいの感じでいいですよ。

リースにヒバの葉を巻きました
こんな感じにヒバの葉を巻きつけました。ヒバの葉が少ないところには足したり、ボリュームが出てしまったところはワイヤーを巻いて押さえるか、ハサミでカットしましょう。でも、せっかく自然の素材を使っているので、無造作な感じの方がナチュラル感があっていいかもしれませんね。

リースに飾りをつけていきますヒバの葉を巻き終えたら、バランスを見ながら飾りを付けていきましょう。これが一番たのしい作業です。飾り付けはお好みのものを付けてくださいね!今年はシンプルにいきたかったので、赤い実だけを付けたリースにしてみました。

クリスマスリースを玄関に飾ります
完成したクリスマスリースをさっそく玄関に飾ってみました。我が家は和風のドアなのですが、ヒバの葉を使うとあまり違和感がないような気がします(笑)

フルーツをつけたクリスマスリース
余ったヒバの葉を利用して、門扉用にもリースを作ってみました。これはワイヤーをベースにしたもの。飾り付けのフルーツもダイソーで購入したものです。美味しそうでしょ?(笑)

毎年作るクリスマスリース。基本の作り方はとっても簡単です!飾りつけもお好みのもので楽しめるので、市販のリースを購入するよりリーズナブルだし、何よりもオリジナルっていうのがいいでしょう。ヒバの葉も11月上旬に作ってもクリスマスまでかなり保ちます。みなさんも「くるくる巻くだけの簡単クリスマスリース」ぜひぜひ作ってみてくださいね!うずらの庭では、次回もクリスマス特集が続きますのでお楽しみに!

【2014「うずらの庭」クリスマス特集】
https://garden.uzutama.net/2014/1202/193959/

コメント