Seriaのブラケットを使ってアンティーク調の棚をDIY!

スポンサーリンク

以前から集めていた小物を置く棚が自分の部屋にほしいなぁ〜と、我が家のDIY担当者さん(主人です)にお願いしていたところ、とっても素敵なのを作ってくれました!
材料は家にあるもの、Seriaの小道具を使って・・・。さてさてどんな棚が完成したのでしょうか。


ナラ材板
倉庫から出てきたビンテージのナラ材。(つまり放ったらかしの木材)
これは以前作成したタオル棚と同じ木材です。
https://garden.uzutama.net/2014/1026/122452/

ナラ材 サンダー
倉庫に眠っていたのでところどころにシミなんかがあります。
それを丁寧にサンダーで木目が出るように削ります。

セリアのアイアンブラケット
今度はこのナラ材に合うようなブラケット(取付金具)をセリアで購入しました。

※以前はこの金具のことを「アングル」と呼んでいたのですが、どうやら「ブラケット」が一般的らしいです。

ブラケット比較
以前タオル棚で使用したブラケットと比較してみると大きさはかなり小さいです。
ホントはこのブラケットをまた使用したかったのですが・・・。

ブラケット大
このナラ材、端の部分が細くなっていて大きいやつだとかなり飛び出します。
残念。

ブラケット小
しかし小さいのでは少し足りない・・・。
これでも10cmはあるのですが、やっぱり足らないですね。

ブラケット延長パーツ
ということで、今回は小さいブラケットにお手製で延長パーツを作ってみました。
1センチ角の角材を2つ取り付けただけなんですけどね。

下地センサー
次は取り付ける壁の場所を決めます。
ここで便利グッズ投入「下地センサーBasic」です。Basicとは書いてありますがDIYで使うには十分な性能で、ベニヤや石膏ボード(19mmまで)なら、このセンサーで間柱の位置がわかっちゃいます。
間柱のない壁に棚をつけたら、木材の重さだけでブラケットが外れてしまいますからね。
DIYをするならひとつ持っておくと便利です。

※ちなみに音波で位置を調べるらしく、このスイッチをいれると猫達は一目散に逃げてゆきます。

水平レーザー墨出し器
お次の便利グッズは「水平レーザー墨出し器」
ここからレーザーが出て水平位置を壁に映し出してくれます。
プロ用ではない安いやつですけれど、これがあると無いとでは作業効率が全く違います。

レーザー水平垂直
壁に水平垂直をレーザーであたりをつけてから、ブラケットを取り付けます。

ナラ材の棚取り付け
これがあれば簡単に水平の店が取り付けられます。
ほんとに簡単。

※部屋全体が黄色いのは、カーテンの色が反射しているからです。
(空けとけばよかった)

棚の水平
ブラケットは水平に取り付けられても木が少したわんでます。
重いものを乗せなければ大丈夫でしょう。
今回は棚の横が勝手口ということもあり、何かあったら手軽に棚を外せるように、棚をビスでとめずに両面テープで固定しました。

棚完成
完成!さっそくお気に入りの小物を置いてみることにしました。
もうイメージ通りです!まるでカフェみたい・・・。うれしいなぁ〜。


ほんとはこのナラ材、1年以上前に磨きをかけて塗装済みだったのですが、壁の取り付けまでにかなり時間がかかってしまいました。やってしまえば半日で終わることなのですけどね(DIY担当者談)

コメント