道具好き、とうとう釣り道具まで揃えてしまいました

スポンサーリンク

調理道具、工具、農具、文房具・・・他にもいろいろありますが、とにかく道具というものが好きでたまりません。もちろんすべて使うわけでもないのに、です。今回ご紹介する道具も本来の使い方とはちょっと違う“使い方”を楽しんでいます。

オールドタックル調のボックス
その道具はこのボックスに入っています。
オールドタックル調のこのボックスもかなり探したんですよ。

タックルボックスの中を公開
ボックスを開けると・・・、じゃーん!ルアーがいっぱい!
ルアーを使ってお魚を釣るわけです。
でも、魚を釣るためにこうして揃えたわけではなくて、

アブガルシアのリール
そもそものきっかけはこれ、アブガルシアのリールなんです。
左下に見える王冠はスェーデン王室御用達のマーク。
この美しい赤のアンバサダーを雑誌で見て一目惚れしてしまい
釣りなんてしたことないのにここまで・・・。

道楽のロッド
で、リールを手にしたらロッドやグリップもほしくなるわけです。
グリップはコルク材。

道楽のレッドロッド
ロッドはグラスファイバー製。ビュンっとロッドが
しなる音にしびれます。ロッドもグリップも
リールにあわせてREDにしました。

DOWLUCK(道楽)の商品
ロッドとグリップ、ライン(ピンクの釣り糸)も
DOWLUCK(道楽)で10年以上前に購入。
このロッドを入れる袋がかわいいですよね。
ここはPUFFYが履いていたジーンズエビスヤテイラーとしても
有名で当時は店内にジーンズもたくさんありました。

ヘドンのルアー
そして、このユニークなルアー達を見てください!
Heddonのルアーが大好きで集めました。
Heddonは1894年に創業したトップウォータールアーの
専門店です。水面に浮くルアー、主にブラックバスなんかを
釣るのに使います(海釣りもありますが)

ねずみの形をしたルアー
Heddonのルアーはほんとうに見ているだけで楽しいんです。
こんなネズミの形や口を大きく開けているポッパーは
「ポコポコ」と水音を立ててアクションします。

クレイジークローラー
セミの形をしたクレイジークローラーは羽をバタバタしながら
アクションします。バスがセミだと思ってバクッと食いつく
らしいのです。ほんとにユニークなルアーですよね。


アブガルシアのリールからはじまった「釣り道具」への道。さぞかしバス釣りも上達したのでしょう・・なんて想わないでくださいね。わたし、魚が触れないので釣れたら困ってしまうのです。釣れることよりも、ロッドがしなる音やラインの流れる音、ルアーのアクションを楽しむことの方が好きなんですよね。それって釣りじゃないじゃん!って思うかもしれませんが、これが「道具好き」のいけないところだと勘弁してください・・・。でも、ほんとうにどれをとっても惚れ惚れする道具達なのです。

コメント