今年もバジルの種をまきました〜間引きまでを紹介

スポンサーリンク

今年もバジルの種をまきました。このバジルの種はもちろんうずらの庭で育てたバジルから採ったものです。バジルの種はほぼ発芽してくれるので、毎年種を採るようにしています。種をまくことで、ちょっと贅沢な楽しみ方もあるので・・・


うずらの庭のバジルの種
毎年採取しておくバジルの種。バジルの白い花が咲いて茶色くなって種が熟成するのを待って採取します。本当は缶や茶封筒とかに入れて保管するらしいけど、うちはジプロック。家にあるものを利用します(笑)

花の苗を買った時のポットを利用
種まき用のポットは、お花を買った時のを再利用。
この黒いトレーもホームセンターでもらえます。あると便利!
種は殻?をもみもみして中に入っている小さな種を出してまきます。
ここですでにバジルの良い香りがするんですよ〜。

鳥よけネット
種をまいたら、鳥や虫避けにもなる園芸用不織布シートをかけます。このシートははダイソーで購入しましたが、かなり使えるので便利!水まきはこのままジャージャーかけちゃいます。

発芽したバジル
だいたい1週間もするとこうして発芽します。バジルは発芽率が高いのでとっても育てやすいのです。園芸センターで苗が売ってますが1ポット100円前後しますよね。種まきから育てればとってもお得です。種があまったら(無農薬であれば)バジルシードとしてヨーグルトに入れてもOK!

間引したバジル
発芽してきたら、ここで間引きをします。この間引きがちょっと贅沢な楽しみなんですよね〜(間引きはあと数回行います)

間引したバジルで一品
間引きした赤ちゃんバジルはというと・・・
間引きしたバジルを使ってパスタサラダを作りました。こんなに小さなバジルの芽ですが、ちゃんとバジルの香りがするんですよ!なんとも贅沢なお楽しみなのです。


これから、どんどん成長していくバジル。間引きしながら、おいしいバジルになりますように・・・と、食いしん坊のわたしはそんなことを願いながら育てております。

そろそろバジルの種をまく季節がやって来ました
平均気温が20度前後になってきましたので、バジルの種をまきます。昨年、気温20度を目安に種をまいたのですが、三寒四温か? まいた後から寒い日が続き発芽がずいぶん遅れました。 そんなこともあり、今年はよぉく天気予報を見ながらまき頃を判断...
気温が20℃以上になったので、バジルの種をまきました
5月中旬。気温が安定して20℃〜25℃以上になったので(30℃以上という夏日もあったりしましたが)バジルの種をまきました。バジルの発芽率はとても高いので、種から簡単に育てることができます。ただ、気温が低すぎると発芽しません。一度、21℃くら...
バジルの芽が出てきたので、間引きしました
先日、まいたバジルの種。今年は遅めの種まきだったこともあり、気温が安定して、しっかり発芽してくれました♪もさもさ元気に芽が出てきたので(このままにしておきたいところだけど)間引きしましょう。 バジルの苗たち。 こんなに元...

コメント