2016年は桑の実大豊作!うずらの庭のマルベリージャム作り

スポンサーリンク

今年もこの季節がやってきました。うずらの庭の“ジャム作り”第一弾は桑の実
(マルベリー)でスタートです!
昨年は、実が白いまま熟さない状態で調子が悪かった桑の実ですが、今年はまわりの木の枝を剪定して風通しを良くしたり、計画的に施肥も行ったおかげでたくさんの実をつけてくれました。今まででいちばんというくらいの大豊作です!さぁ〜、これはうかうかしていられません。ジャム作りが忙しくなりますよぉ〜!


うずらの庭の桑の木
今年で7年目になるうずらの庭の桑の木。
昨年は葉も元気がなかったので、とても心配しましたが
こんなに元気になってくれました!

はたくさんの実をつけてくれました
あっちにもこっちも!こんなにたくさんの実がついていますね。葉も力強くなりました。
恢復してしてくれたんだと、ほんとうにうれしくなります。

つややかな桑の実
黒くなったのが熟成した桑の実。とても艶やかでしょう。

桑の実3キロ近く収穫
桑の実はこまめに収穫して冷凍保存しておいて、
だいたい3キロくらいになったらジャムにします。
これで約3.5キロありました。

(詳しい桑の実ジャムの作り方)
桑の実ジャムの茎とり
桑の実ジャムの作り方はいろいろです。まず、この「茎を取るor取らない方法」とがあるのですが、わたしはいろんなパターンで作ってみて、やはり「茎は取り除いた方が美味しい」ということになりまして、とても手間なのですが一粒ずつ茎を取ることにしています。主人と手分けして茎取りだけで2時間ちょっとかかりました(笑)ひとりでやるとツライけど。、この作業中録りためたTV番組を見たり、たわいない話をしたり・・・2人でやればなかなか楽しい時間になるのです。

ここからの作業はあっというま
茎を取ってしまえば、あとの作業はあっという間です。
三温糖を入れ10分ほど煮詰めたらペクチンを入れてできあがり!

ひと晩でできた桑の実ジャム
ひと晩でできた桑の実ジャム。すごいでしょう!
愛しくて、しばらく眺めていたくなります(笑)

ラベルを貼って完成!
今年は、主人がかわいいラベルを作ってくれました!
ラベルを貼ると、わが子のようなジャム達がとても立派にみえます(笑)


主人とふたりジャム職人さながら、こうしてできあがったジャム達は、お客様やお友達、そして遠くで暮らす親戚へと送られていくので、あっという間になくなるんですよ。でも、毎年このジャムを楽しみに待っていてくださる方や、この桑の実ジャムを食べて昔を懐かしんでくれる方のお話しを伺うと、本当にうれしくなります。
また来年も作ろうと励みになるし、それとやっぱり、庭の桑の木に「ありがとう」って思います。

【桑の実ジャムの作り方】
https://garden.uzutama.net/2014/0628/090457/

コメント