廃材リメイクで描くだけ簡単!わたしだけのガーデニングプレート

スポンサーリンク

久しぶりのガーデニング雑貨ネタです。今回は、廃材を利用した“描くだけ簡単!”な、ガーデニングプレートを紹介しますね!


ガーデニングプレートのモデルの福助
じゃん! いきなりですが、今回プレートのモデルは
わたしが溺愛しております、猫の福助です。
さてさて、どんなプレートになるのかな?
自分でもわくわくです。

廃材の板を利用します
プレートは廃材の板を使用します。主人がDIYをするので、
こうした中途半端な板がけっこう家にあるんですよね。
今回は、主人がだいたいの大きさに形をそろえてくれて、
下地にオイルステインを塗っておいてくれました。
助かる〜。

板を白のペンキで塗っていきます
ベースは白。主人が下地を塗っておいてくれたので、キレイに塗れます。
白は下が透けてみえるのでペンキを何度も重ねて塗っていきます。

モデルの福助を描いてみました
黒のペンキで福助を描いてみました。
靴下猫の雰囲気でていますかね?
そもそも画力がないので、フリーハンドで一発勝負!
このテキトーさがウリなのでお許しを・・・

絵の具タイプのペンキ
今回はじめて使ってみたチューブタイプのペンキです。
絵の具感覚で少量でもペンキが使用できるのは便利ですよね。
色もたくさんあったので、これから揃えていきたいなと
思います。

「nuro」
ミニカーのタイヤをつける
失敗しても気にしないのがわたし流(笑)
これ、ワゴンのタイヤが上手く描けなかったので、
Seriaでミニカーを買ってきまして・・・
タイヤ部分をはずしてくっつけてみました。
ちょっと立体的になっておもしろい!

さらに立体的になる絵
で、調子に乗るのもわたし流(笑)
ワゴンのロープもうまく描けないのでSeriaの毛糸。
福助のトレードマークのブルーの首輪、これもSeriaの毛糸で代用です!
「失敗から生まれた手法」を巧みに作品に取り入れてみました〜。

感性したガーデニングプレート
ヒートンをつけて針金を通したら完成です。
青色リボンをつける前のプレートですが、庭の白樫の木に
ぶらさげてみました。雑な感じもオリジナリティーのひとつとして見れば味わい深いものです(笑)
もし、こうした板がなければ100円ショップの板でもかまいません。
みなさんもぜひぜひオリジナルのガーデニングプレートを作って、
お庭に飾ってみてくださいね!楽しいですよ〜

お庭のアクセントに、簡単!木製プレートを作りました
うずらの庭には木製のプレートをいくつか作って飾っています。 作り方はとっても簡単!杭と板があればできちゃう♪ 今回は木製プレート作りを紹介しますね! Seriaで木製プレートのワンポイントに なりそうな小物を購入して...
木製ボックスをステンシルでリメイクしました
ガーデン雑貨に木製ボックスは欠かせないアイテムですよね!ほんとうはアンティークのキャベツボックスを庭に置きたいのですが、けっこうお値段も高いので・・・なんとかならないかなぁ、と。 そこで、家にあった手作りボックスをリメイクすることにし...
DIYで庭に柵をつくりました
そもそも庭づくりを始めたきっかけは、お気に入りのガーデニング雑貨や大好きなシャビーな道具を置きたくてです。残念ながら、和風のお庭にはちょっと合いませんものね。 少しずつ、自分が想うようなお庭になってくると、引き立て役のガーデニング雑貨...

コメント