2016夏、芝(TM-9)の手入れと成長過程・・・そして今年の問題

スポンサーリンク

今年もうちの芝「TM-9」のお手入れの時期が来ました。
昨年と同じように、根切&風通し穴 > 肥料。
この流れで行うことにしました。
この記事は10月に書いていますが、作業を行ったのは昨年と同じ6月です。
なかなかアップできませんでした。


2016芝TM-9夏
昨年、芝のまわりを耕し、土を柔らかくしてから行き場のない根っこを這わせてみたんですけど、良いカンジに根付いてくれました。芝の丈はそんなに長くなってないでけれど、夏が始まるころから行き場の無い根があちらこちらで伸び始めます。

芝生「TM-9」初めてのお手入れ
念願の芝生「TM-9」を庭に張ったのが昨年の6月。 それからはや一年。TM-9の“ウリ”である「手間いらず」&「草丈が半分」というのを改めて実感するくらい、たしかにこの一年追肥は一度もしていなかったし、芝刈りなんかもしたことがない...

2016芝TM-9夏
まずは根切&風通し穴の作業。
昨年と同じように「芝カット&パンチ」で根を切って風通し穴を開けます。
コツは深く踏み込んでから、根を少し浮かす感じにすることです。

床土・芝目の土
堆肥入の目土です。
今回は芝の上にまくだけなので一袋。
あまりメーカーとかこだわっていないので、その時売っているものを買ってきます。

2016芝TM-9夏
今回は園芸用の土で増量することもなくそのまま使います。

2016芝TM-9夏
熊手で穴の中に目土を落とし込みます。

2016芝TM-9夏
少し穴が残っているけれど、そのうち埋まるかな。
(と、思ったのが後々いけなかったのかも・・・)

芝生の肥料
仕上げに顆粒タイプの芝の肥料をまんべんなくふりかけます。
秋にもう一度この肥料をまくといいそうですが、いつも忘れます。
(これも昨年の秋に買ったやつです)

芝の成長2014-2016
2014年から2016年までの比較です。
スミマセン、2015年だけ画角が違って比較しにくいですね。
とくに手入れもなくうまく育ってくれました。
やはりこの「TM-9」の特徴として大きいのは『芝刈りをしなくていい』ということですね。これが本当に助かります。手間もそうですが、やはり見栄えが良く、美しい状態を少ない手間で維持できるのはありがたいです。

今年の問題

でも、今年はちょっと問題が・・・。

2016芝TM-9夏雑草
これは2016年9月の写真なのですが、上記の手入れをしてから3ヶ月。
青々として綺麗な芝なのですが、よーく見ると・・・

雑草
結構な数の雑草が目につきます。

雑草
昨年までは雑草もここまでではなかったので、もしかしたら風通し穴と根切のときに出来た穴をそのままにしてあったので、そこに雑草がうまく入ったのかなぁ?

2016芝TM-9夏雑草
しかたがないので雨の中雑草抜きをしました。

2016芝TM-9夏雑草
雨の日なので雑草の根っこから意外と簡単に抜けたのですが、これまた結構な数。
気がつけばあっという間に1時間半、雨も本降りになったので今回はこれで退散。


「TM-9」は雑草に強いというウリ文句もあったんだけど、やっぱりこまめな雑草抜きは怠っちゃいけないですね。今年は暑さと物凄い蚊のせいで雑草抜きは少し怠っていました。

暑さはしかたがないけれど、蚊はそのうちなんか対策したいなぁ。

コメント