2014年。2年前の「秋のうずらの庭」をふりかえる

スポンサーリンク

写真の整理をしていたら、2年前のうずらの庭の写真を見つけました。
日本庭園風のお庭をコツコツと洋風のお庭にして、2年くらいたった写真でしょうか。だいぶ植物が落ち着いてきた様子が伺えます。


植物がだいぶ落ち着いてきました
2014年頃の秋のうずらの庭です。植物の構成や小物の位置などは、
今とあまり変わっていません。でも、若いな〜って感じがします(笑)

成長したもの消えた植物もあります
一応、秋になると紅葉する植物を植えました。紅葉といってもボルドー
のイメージ。秋にボルドー色になり、冬は枯れ感をたのしむという・・・
そんなイメージで植物を選んでいます。

秋の庭を散歩する猫
2年前は全面は砂地でしたが、今は芝が育っています。アカシアの木も4倍くらい大きくなりました。成長した植物もあれば、宿根草なのに自然消滅してしまった植物もあります(笑)ただ、猫の福助だけはずーっとお庭が大好き!
わたしが庭仕事を始めると必ずどこからか登場して和ませてくれるのです。

2016年秋うずらの庭
そしてこちらが2016年秋のうずらの庭です。アカシアの木やクラブアップル、白樫の木がずいぶん成長しました。あと、芝生も根付いて・・ここは猫の福助がバッタ捕りに夢中になる場所となっています(笑)


まだ初々しさが残る2年前のうずらの庭。こうして昔の写真をみると、庭づくりへの情熱が蘇ってくるようです。たまには、昔をふりかえることも大切ですね。今年は、長雨と母の介護でなかなか庭仕事ができませんでした。でも、それはそれとして、2016年のうずらの庭もまた紹介していきますね!

コメント