うずらの庭で収穫した柚子でジャムを作ったよ!

スポンサーリンク

何年か前に義母が植えた柚子の苗木。日当たりが悪くてずっと実をつけることがありませんでした。その柚子を日当たりのいい場所に移植したところ(土壌もよくしたので)ここ数年で少しずつ実をつけるようになり、この冬はこんなにたくさんの実をつけてくれました!もう大感激です。
たくさんの実をつけた柚子
お日様の力ってすごいですね。ずっと実をつけなかった柚子だったのに、こんなにたくさんの実をつけてくれました。今までごめんね・・・。
やや小ぶりな柚子
やや小ぶりではありますが、これだけ収穫できれば大満足!
無農薬ですし、さっそくジャムを作ることにしました。
柚子の果汁をとります
先ずは果汁をしぼります。種にはペクチンがいっぱい。
あとでトロミをつけるのに使うので捨てません。
柚子を果汁、皮、種にわける
柚子を果汁、皮、種にわけました。
外皮と果汁の重さを計っておきます。
お砂糖は果汁と外皮の重量の80%〜90%。
これはお好みで調整してください。
皮を煮ます
無農薬なので外皮は安心して使えますね。
ワタと薄皮をとって薄く切った外皮を鍋に入れ
(かぶるくらいの水を入れる)火にかけます。
沸いたら3分茹でザルに取る。これを2回繰り返します。
種をティーパックに入れる
トロミをつけるための種は、ティーパックに入れて使います。
1袋あればいいと思います。
果汁と外皮を煮ていきます
種、砂糖を入れアクを引きながら果汁と外皮を煮ていきます。
強めの中火で約8分煮たら種を取り出し、さらに5分煮たら
火をとめます。冷めたお皿に少量ジャムをのせとろみが
確認できたらOK!
うずらの庭のゆずジャム完成
うずらの庭で収穫した柚子でこんなにジャムができました〜!思っていた以上にできてびっくりです。柚子ジャムはパンケーキにのせたり、お湯で割ったりしていただきました。おいしかったですよぉ〜。
こんなにおいしく育ってくれてほんとうにうれしいです。
これから柚子も桑の実やブラックベリーのように毎年ジャムができるくらい育ってくれるといいなぁ〜。小さなうずらの庭ですが、自然の恵みに感謝ですね。

コメント