蒸し暑い夏、強い陽射しにも負けないオススメの花の苗はこれ!

スポンサーリンク

わたしが住む東海地方も6月に入って早々に梅雨いりをしましたが、雨の日はまだ数日でほんとに梅雨入り宣言してよかったの?って思うくらい連日の真夏日です。
名古屋は湿度が高いので梅雨の時期はむしむし、夏もカラッとしてなくて
高温多湿なんですよねぇ〜。
こちらに転勤で来られる方が口を揃えていうのが
「名古屋の夏はなんなんだ?」「蒸し暑い!」なんですよ〜。
まぁ、そんな夏なのでお花選びもけっこう大変です。
とくに我が家は西日が強烈に当たるので、そうとう高温多湿に強い健丈なお花ではないと夏を乗り切ることができません。
何度か失敗を繰り返しながら、この花の苗なら大丈夫というのがわかりました。
毎年同じお花になってしまうのですが、我が家がセレクトする夏の花の苗を紹介しますね。


ホームセンターで購入の苗
近所のホームセンターで購入した花の苗。いったい何ポット買ったのか?
わかりません。このホームセンターでは1ポット98円(税別)の苗なら
どの組み合わせでも5ポットで(税別375円!)
これはうれしいです。でもね、いつものことなんですけど
これでも足りなくなって、後から買い足しにいくんですよね〜。
ベゴニアは必須
玄関の門扉にかけるハンギング用のベゴニア。これはもう定番です。
一般的に暑さに強いといわれる花をいろいろ試してみましたが、
名古屋の蒸し暑さ、西日にも強いのはベゴニアでした。
我が家ではひとつのハンギングに18ポットの苗を使います。
これも何回か失敗して一番きれいに仕上がる数ということが
わかりました。何でも経験ですね。
夏の顔といった花の苗
マリーゴールドやニチニチソウもいろんな色、
花の形が増えましたよね。
同じお花でも表情が違うので苗を選ぶ時に
迷ってしまいます。でも、それも楽しみのひとつ。
次回は植えつけ後の花の苗を紹介いたしますね!

コメント