2017年桑の木のお手入れから収穫、ジャム作りまで

スポンサーリンク

庭にある桑の木を植え始めてから(たしか)4回めのジャム作りです。

桑の木も植えた時は膝の下くらいだったのが、今では2メータをちょっと超えて、高いところのみは背伸びをしないと届かないほどになりました。
これ以上高くなると手入れできなくなるので、この辺りでキープしなければ・・・と思っています。

2017桑の実
木も大きくなってくれたので、今年は今までにないくらい実がつきました。と、はじめは喜んでいたのですが、さすがに実がつきすぎて実の大きさもバラバラ。
もともと畑と違い肥料もあげていなかったので、どうも栄養のバランスが悪いみたい。

2017桑の実−害虫
それに今年は雨が少なかったからか、いつもよりも虫が多い。ちょっと折れた葉っぱをひっくり返すと・・・葉っぱをうまく巻いてこの中に虫が寝床を作っています。
殺虫剤は使えないのでこれを一枚一枚駆除。

2017桑の実−剪定
枝や実が多くなり風通しが悪いと虫もつきやすくなるので枝を1/4ぐらい思い切って剪定しました。
まだ実がたくさん付いているけれど、バッサリと。

2017桑の実−廃棄する実
その枝から実だけをより分けて(よく見るとサイズがバラバラ)

2017桑の実−廃棄した実畑へ
半分はコンポストに入れて堆肥を作り、残りの半分はそのまま庭の畑にまきました。まだ熟してはいないけど栄養はあるだろうし畑の肥やしになってもらいます。

2017桑の実-剪定後の桑の実1
剪定をしたあとは風通しも日当たりも良くなりました。

2017桑の実−剪定後の桑の実3
実の大きさも十分。
もう少し早く剪定すればよかったな。

2017桑の実-剪定後の桑の実3
こんなに大きくて実の色もきれい。
このぐらいになったら毎日少しづつ摘んでいきます。

2017桑の実-収穫した桑の実
実をとったらまず水にさらしてホコリや汚れを落とします。
このぐらいの量だとジャム作りにはちょっと少ないので、水をよく切ってからフリーザーバッグに入れてストックし、3キロぐらいたまったところでジャムをつくります。

2017桑の実-ジャム作り-茎とり
桑の実がたまったら次は茎をひたすら手作業でとります。
毎年この時間は映画を見ながらすすめます。
今年はトム・クルーズのマイノリティ・リポートでした。(2002年の映画だったのか、月日が立つのは早いなぁ)

2017桑の実-ジャム作り-瓶の煮沸消毒
その間に瓶を20個まとめて煮沸消毒。

2017桑の実-ジャム瓶詰め
1つずつ詰めて逆さにしたら出来上がり。
熱が取れればフタがピッタリと閉まって完全密閉されます。

この一巡の作業を今年は3回かなぁ。

我が家の梅雨の恒例行事です。

コメント