哀しくて残念なご報告。花泥棒の被害に遭いました。

スポンサーリンク

前々回「蒸し暑い夏、強い陽射しにも負けないオススメの花の苗はこれ!」をアップした時に“次回は植えつけ後の花の苗を紹介いたしますね!”とお話ししたのですが、残念ながらそのお花を盗まれてしまいました。ちょうど苗も落ち着いてきた頃だったので、植え替え時と成長した苗をみなさんにも紹介できるなって思っていたんです。まさか花泥棒の被害に遭うなんて・・・ほんとうに哀しくて残念な気持ちです。


夏の苗を植えかえたところ
買ってきた苗はこうして植えかえました。
このアイアンのラックには毎年小さな植木鉢に
ベゴニアの苗を植えることにしています。
ラックが置いてあるのは庭の中心。これは被害には遭いませんでした。

門扉にかけたベゴニアのハンギング
門扉にかけたベゴニアのハンギング。
外の通りに面してハンギングをかけていますが、
門扉ということもあり落ちないように針金で結んであります。
それで被害に遭わなかったのかな?と思いましたが、
中には苗を根こそぎ抜いていかれることも
あるそうで・・・ほんとうに悪質極まりないです。
盗まれたハンギング
今回盗まれた半月型のハンギング。ピンクのニチニチソウを植えていました。
このハンギングごと盗まれたわけです。
しかもここは敷地の中・・・何者かがこのハンギングを盗むために
敷地内に入ってきたかと思うとぞっとします。
ううまく根付いたニチニチソウ
この半月型のハンギングは好みのものがなかなかなくて、
何軒も園芸センターを回ってやっとみつけたもの。
けっこう値段もしました。ニチニチソウも毎年失敗するので、
今年は土を変えていい感じに育ったところでした。
盗まれたベゴニア
そしてこアンティーク調の缶に入れたベゴニアもこのまま盗まれました。
この缶はサンドペーパーでこすってわざと錆びをつけたもの。
この錆びが出るまで1年以上かかっています。錆びた感じと合うよう
ベゴニアの色も選びました。
これも敷地内に置いてあったものです。
門扉を開けて花泥棒は侵入
半月型のハンギング、アンティーク調缶とも
盗まれる前はこうして敷地内に置いてありました。
犯人はこの門扉を開けて花を盗んでいったんです。
盗まれたのは夜なので、昼間目をつけて夜寝静まった頃に
犯行に及んだとみえます。
玄関先の植木を撤去
主人と相談した結果、玄関先の植木鉢や雑貨はすべて撤去しました。
それと敷地内に侵入されたということもあり警察へ被害届けと
早速防犯カメラを購入→設置することに。
ここで暮らして6年になりますが、今までこんなことはありませんでした。
新しい住宅も増えてきたし・・・防犯意識を高めなければいけないですね。
玄関先の花を庭に移動
玄関先に置いていた雑貨と植木はすべて庭に運びました。
またこれから配置を考えます。

今回、はじめてお花を盗まれるという経験をしましたが、
こうした「花泥棒の被害」が身近で実に多いことに驚きました。
数個のプランターごと盗まれた、チューリップの球根を根こそぎ持って
いかれた、中にも何度も被害にあってもうガーデニングをやめた・・・
という方までいたのです。本来、美しい花を咲かせて癒しとなるものが
ガーデニングそのものをやめてしまうなんて、
ほんとうに哀しいことですよね。
でも、それくらいショックが大きいということです。
最後に・・・
「せっかく育てた花を大切な鉢ごと盗む花泥棒さんへ。」
盗んだお花を飾ってどんな思いですか?きれいだな・・・と心から
思えますか?花だから・・・と軽い気持ちで持っていかれるのでしょうけれど、
お花の苗や雑貨は買ったものです。花泥棒は犯罪なのですよ。

コメント