不思議の国のアリスの切り絵 その1

スポンサーリンク

以前このブログでも紹介したハロウィンの切り絵

オフィス用に、ハロウィンの切り絵を作りました
わたしの職場では年に2回、あるイベントを行います。社員全員が参加するもので、イベントに参加した人には「参加済」のカードを渡して巨大台紙にぺたぺた貼ってもらうことになってるんです。このカードや台紙は毎年変えて手作りしていまして、昨年は大きな桜...

が好評だったようで、その翌年にうずたまさんから新たな依頼が来ました。

  • その時は
  • 女の子
  • 草原
  • 職場の人達のメッセージカードを貼りたい

というお題を出されたんだけれど、聞いたときすぐに「あー、これ不思議の国のアリスなんだろうなぁ・・・・」と思ったら後日正式に「今回はアリスでお願い」と依頼されました。
やっぱりなぁ。

いうのは簡単だけど、ハロウィンどころじゃなくめんどくさそう・・・。
少ない手数でどうやって不思議の国っぽくするのかが問題。


アリスのアイデアラフ1
さて、まずはラフです。
不思議の国のアリスをキーワードにおおまかなアイデア出し。

  • アリス
  • お城
  • チェシャ猫
  • 白うさぎ
  • バラ

パッと思いついたのはこんな感じ。

アリスのアイデアラフ2
上記アイデアに、自分の技量と時間とを考えてラフを描かないと最終的に完成しないので、そのあたりをかんがえながら考えながらアイデアを整えます。
画用紙だと無限に色を使えるわけではないので、番号を振って色管理。

こんな落書きみたいなものでも一応考えてあります。

アリス_カラーラフ1
そのアイデアをパソコンで描き直します。
サイズは前回のハロウィンの時と同じく
八つ切り画用紙(392×271)を横3枚 x 縦3枚
横1m17.6cm
縦81.3cm
結構な大きさです。

アリス_カラーラフ2
アリスの世界観にのっとって、草原と山と海、それにお城とバラ、怪しい木をレイアウトしました。バラや木のシルエットはフリー素材のコラージュです。
色紙を切りやすいように、線と色を極限まで減らします。複雑な線は時間の無駄ですからね。

実はこのアイデア出し、資料集め、ラフ完成までがものすごい時間がかかってしまって、色紙の切り貼りは約1日で仕上げなくてはなりませんでした。

台紙切り抜き1
切り出し作業。
最初は大きめなパーツから。
パソコンからの出力はA4プリンタなので、大きなパーツは貼りあわせてして下絵をつくり、色紙に重ねて切ります。

台紙切り抜き2
張り合わせた背景。
簡単だと思ったら大きな紙を台紙に貼る貼り合わせるのって意外と難しい。
結構時間がかかってしまった。

バラ_切り抜き1
次はバラの切り出し。
似たようなパーツがかなりあるので番号を振って注意して切り分けないと。

バラ_切り抜き2
バラのつるや葉っぱ。
意外と大きかったので作業はスムーズに。

バラ_切り抜き3
切り出したあとも綺麗だからなんかに使えそうだけど、今回は使わなかった。
切り絵のタイプによっては、こちらが完成品の場合もありますね。

バラ_切り抜き4
背景にバラと葉っぱを貼り付けます。
背景と合わせ貼るとイメージより綺麗。

※なんで写真が赤っぽいかというと、真夜中に白熱球の下で作業をしているからです。

バラ_切り抜き5
バラも白と赤に分けました。
確か原作では白いバラを赤に塗ったんだっけ。
バラのつるより花びらの方が難しかった。

反対側の木のシルエットの作業は撮影し忘れました。

第一回はこれで終了。
全三回です。


不思議の国のアリスの切り絵ー記事

不思議の国のアリスの切り絵 その2
不思議の国のアリスに出てくるキャラクターは、アリス以外にも魅力的なキャラクターがたくさんいますが、全部はとても描ききれないので、今回は「チェシャ猫」と「白うさぎ」にきめました。 この二匹とアリスがいたら遠目に見ても「不思議の国のアリス」に...
不思議の国のアリスの切り絵 その3
最後は主役のアリス。 アリスというと、ディズニー版のアリスが一番に思い浮かぶけれど、ディズニーの著作権とかもありそうなので、原作のアリスを参考に描き起こしてみました。 色はディズニーのアリスに似せました。 バランスはデ...

コメント