不思議の国のアリスの切り絵 その2

スポンサーリンク

不思議の国のアリスに出てくるキャラクターは、アリス以外にも魅力的なキャラクターがたくさんいますが、全部はとても描ききれないので、今回は「チェシャ猫」と「白うさぎ」にきめました。
この二匹とアリスがいたら遠目に見ても「不思議の国のアリス」に見えますからね。


チェシャ猫下書き1
まずは「チェシャ猫」

でもチェシャ猫って原作を見ると結構複雑・・・・・。
まともに描いたらまず完成しそうにないので、極限までデフォルメします。

鉛筆で描いたラフスケッチはこんなかんじです。

チェシャ猫下書き2
パソコンに取り込んで線画に変換。
この時はまだ目がありました。
輪郭とかはギリギリまで削除します。

チェシャ猫色付け
色をつけてみます。
ここでもまだ目がありましたね。
ちょっと「笑ゥせぇるすまん」みたい。

チェシャ猫切り絵
完成がこれ。
結局目はなくなって、色もピンクと黄色の二色にしました。
線も色も少ないけれど背景の木のシルエットに乗せるとちゃんとチェシャ猫になってます。

時計うさぎ_下書き
次は「時計を見ながら慌てる白うさぎ」
白うさぎは参考になるポーズがなかなかなかったので、これも描き起こし。
鉛筆で描いたラフスケッチでは、白うさぎも目がありましたね。

時計うさぎ_下書き2
下絵からパソコンで線画にします。
ここでかなり簡略化しました。

時計うさぎ_色付け
色の指定。
これも4色に抑えて目をなくしました。

時計うさぎ_切り絵
目がなくても「時計を見ながら慌てる白うさぎ」を上手く表現できたと思います。
キャラクターは、バラや木のシルエットに比べて線が少ないので結構ラクですね。
背景の茂みの黒がうさぎの白を引き立ててくれます。

一応フレームから右脚が飛び出して「慌ててる」を表現してみました。
失敗したのは、ジャケットの色紙が薄くて下が透けてしまってるところですね、しかし直す時間はありませんでした。

多分この辺りで夜中の3時頃なので、心境的にはうさぎと同じく時計を見てあわててます。

第ニ回はこれで終了。
全三回です。


不思議の国のアリスの切り絵ー記事

不思議の国のアリスの切り絵 その1
以前このブログでも紹介したハロウィンの切り絵 が好評だったようで、その翌年にうずたまさんから新たな依頼が来ました。 その時は 女の子 草原 職場の人達のメッセージカードを貼りたい というお題を...
不思議の国のアリスの切り絵 その3
最後は主役のアリス。 アリスというと、ディズニー版のアリスが一番に思い浮かぶけれど、ディズニーの著作権とかもありそうなので、原作のアリスを参考に描き起こしてみました。 色はディズニーのアリスに似せました。 バランスはデ...

コメント